わたしの俳句歳時記
季語・例句の検索はこちらから
季語検索(絞り込み)
季語検索(任意文字)
例句検索(任意文字)
季語解説
夏(三夏)・時候
【短夜】 みじかよ
◇「明易し」(あけやすし) ◇「明早し」 ◇「明急ぐ」

春分の日を境に昼が長くなり、夏至には夜が最も短くなる。短い夜を指す言葉であるが、物理的な長短よりも明け易い夏の夜を惜しむ気持が込められた季語である。(日永:春、夜長:秋、短日:冬)

例句作者
短夜の明けたるこむらがへりかな佐藤 愛
明易し妻問ひ婚のむかしより仁尾正文
海亀の産卵の浜明易し矢澤賢一
明易の始発駅より旅立ちぬ田中延幸
短夜のあけゆく水の匂かな久保田万太郎
象潟や苫屋の土座も明やすし曾良
寝返れば思ひ寝返る明易し金井苑衣
初恋は貘の餌となり明け易し佃 藤尾
明易し備後赤坂塵もなく小川三補子
みじか夜や毛むしの上に露の玉蕪村

表示中の例句を含む全ての例句を参照する場合はこちらをクリックしてください。
Copyright© 2002 PATIO All rights Reserved.